進化剤とは

魔法の液体 進化剤とは
現在、添加剤として販売されている他の製品とは基本的にコンセプトが違い、進化剤独自の働きで金属表面の凹凸にナノレベルの成分が入り込み金属本来の姿に修復する、まったく新しい発想のもとに開発された金属磨耗修復剤です。

自動車ディーラーでも大活躍

モータースポーツ界も注目

銀メダル獲得にも貢献




一般的に市販されている添加剤とは違い、進化剤は数多くの自動車ディーラーでの取り扱い実績があります。自動車整備のプロフェッショナルも採用する金属磨耗修復剤。これが進化剤「高性能の証」です。
ここ一番の「パワーの差」で順位が決まる自動車スプリントレース。さらに「燃費が結果を左右する」耐久レースなど、進化剤を施工したレーシングマシンが全国のサーキットで続々とチャンピオンを獲得しています。
自転車競技の世界大会に出場した自転車のベアリングにも進化剤が施工されていました。オイルやグリスを使わず、進化剤のみの施工で低フリクションと耐久性を実証。銀メダル獲得という偉業を達成しました。

進化剤の働き


 機械摩擦面の金属磨耗を、稼動中の摩擦面に対して投入することで、自己組織化し更に自己進化させ、修復した摩擦面は一般機械の研磨した表面硬度より10% 以上アップし、数十倍も精度を高めます。


 進化剤は、環境に負荷のかからない天然の素材から最適な物を複合させ(特殊ミネラル化合物と呼称します)微粉化した物を潤滑剤または精製油に注入し、機械を稼動させながら金属部材の摩擦面を改質し、摩擦を低減させると共に、十分な耐摩耗性を与える、世界でも比類ない全く新しい技術です。

 進化剤により形成された摩擦面は、高精度な研削面の表面平均粗さ50ナノメートルの5分の一程度の、10ナノメートル以下の緩傾斜の均一な形状をもつ平滑な面になると同時に、母材に比べ 10%程度強化され十分な耐摩耗性能を得ます。摩擦面では理想的な潤滑油膜が維持され(流体潤滑)磨耗が抑えられるので、潤滑剤の長寿命化も期待できます。
又、定期的に進化剤を潤滑剤中に供給し続けることで、摩擦面の表面は平滑面を維持しながら摩擦などに対して安定するように自己組織化し続けます。
.